最近のお葬式の会場は椅子席が主流

一昔前まではお葬式と言えば長時間の正座をしなければならないということで、膝に痛みを抱えている方や高齢者の方などにとっては特に参列することが大変なものでした。しかし、弔意を示さなければならない場であるという関係上、辛い表情を見せたり足を崩したりすることもできず、憂鬱な気分で参列していた人も多いことでしょう。
最近のお葬式の会場では、参列者の方にも負担の少ない椅子席が主流となっています。椅子席ならば比較的長時間座っていてもさほど大変ではありませんし、ご高齢者や車椅子の方にとっても参列がしやすいものです。
ご自身がお葬式の会場を選ばなければならなくなった場合にも、参列者の負担を考えて、椅子席のホールを利用するほうが良いと頭の中に入れておきましょう。
なお、お寺の中の座敷や古い会館などの場合にも、ご高齢者や車椅子利用者の方に配慮して椅子を準備しておくという配慮も必要です。業者との打ち合わせであらかじめ用意できるようにしておくことが望ましいです。