葬儀を営む際に知っておくべき流れ

葬儀に参列する事は多くても、遺族として営む機会は少ないものです。いざ葬儀を営む場面に直面すると、色々と戸惑い、どうすれば良いのか不安になるものです。
そんな不安を少しでも解消するために、下記のような葬儀の流れを知っておくと良いでしょう。病院で家族が亡くなられると、霊安室に移されます。そこで簡単に弔いをした後、すぐにご遺体を病院から搬出する事が求められ、そこの業者さんや会館で営むのかを早急に決めてご遺体を自宅か会館の安置場に移します。
そこで枕経を上げて弔い、業者の担当との方と、日程や祭壇や棺などの必要な品一式や、色々と打ち合わせを行います。また一方でお寺さんに導師の依頼を行います。日頃お付き合いのあるお寺さんがない場合には、宗派さえ分かれば葬儀社が紹介してくれます。
通夜、葬儀と進むにつれて細かい事を色々と決める必要もありますが、業者の担当者が適時問いかけ、相談に乗ってくれますので心配する必要はありません。やはり、新頼できる業者さんを選ぶ事が最も重要と言えるでしょう。