葬儀の際にかかる費用とは

“大切な人が亡くなった時、葬儀は避けて通れない儀式です。
どれくらい費用がかかるかは内容次第ですが、大きく次の三つにわけられます。
・葬儀そのものにかかる金額: 通夜、お葬式、告別式、火葬を執り行うに必要なものを取りそろえるのにかかる金額。
・寺院への支払い: 読経料や解明料など。寺によって異なります。
・飲食にかかる金額: 通夜ぶるまい、告別料理、会葬の返礼品などにかかる金額。
葬儀社と相談した時出される見積もりは、普通、葬儀にかかる費用のみです。見積もりが出費の総額ではないので注意しましょう。
出費にばかり気を取られますが、香典と言う形で入ってくるお金もあります。参列してくれそうな人の顔ぶれなどから、香典の総額もある程度予測をたてることができます。その分も勘案して、どれくらい葬儀にかけられるかを算出し、納得のいく内容で行うようにしましょう。
また、お葬式が終わった後も、法要やお仏壇の準備、墓地や墓石の準備などにかかる費用も必要になります。”