葬儀の進め方はよく相談をしてからにしましょう

大切な方が亡くなってしまった時、悲しみに暮れる前にちゃんとお見送りをしなければなりません。段取りよく、ご葬儀の準備をしなくてはいけません。病院でお亡くなりになった場合やご自宅でお亡くなりになった場合などで、対応の仕方は変わってきます。いづれにしてもまず医師に死亡診断書を書いてもらう必要があります。早急に近親者に連絡をし、どんな葬儀をどこに頼むか、故人の遺志を尊重して決定しましょう。
お通夜の後にお葬式という流れになります。事前に、喪主と世話役を決めておくとスムーズに進み易いです。喪主を中心に参列者がそろってから、ご導師様に読経していただきます。ご導師焼香の後、喪主、ご遺族、ご親戚と血縁の濃い順に焼香し、弔辞、弔電奉読の後、ご出棺になります。ご葬儀の進め方は、宗派や地域によってすごく違うので葬儀社の方や近親者の間でよく話し合って進めましょう。細かいマナーは事前に覚えておくと困ることも少なくて済みます。