社葬を執り行うための準備

社葬は一般的な葬儀とは違い、故人が生前属していた企業が施主を務めます。親族が費用を負担せず、企業側の経費で葬儀が執り行われます。個人葬だと故人を哀悼し慰安することが目的ですが、社葬の場合は企業に遺した功績や企業体制を世間に知らせる役割が伴っています。社葬を執り行う利点は、取引している企業に対して大きなアピールができるところでしょう。社葬を受け付けている斎場は日本各地にあり、中小規模の500人から大規模の1000人から選べる斎場もあります。100人単位で招待することになるため、緊急時用に社内連絡網や取扱規程を作成することを推奨します。対象者の死期が近かったり突然の訃報が合った場合に重要になります。取扱規程は企業によって異なるため、外部に依頼すると良いでしょう。故人が亡くなってから焦ってしまわないように、社葬対象者の経歴や宗派や檀那寺の確認が必要です。それ以外は訃報を入ってからでも遅くありません。